沖縄の就航路線一覧が見れるサイトもあるしLCCを探すのも手

phm15_0219

沖縄までの就航一覧

沖縄までの就航路線一覧を見てみましょう。ANAでしたら北海道の新千歳空港から那覇空港までのびんがあります。

所要時間は4時間ほどです。福岡空港からは石垣島までであれば2時間5分で到着できます。羽田空港からならば、2時間50分ほどで那覇空港に到着が可能です。
大阪の伊丹空港からも那覇まで行くことができ、フライト時間は大体2時間20分です。

関西国際空港からなら、2時間15分となっています。成田空港からであれば3時間10分ほどで那覇空港に到着するでしょう。
静岡空港からも那覇行きが発着していますが、2時間25分という時間がかかります。

広島空港からは1時間50分です。JALならば羽田空港からの便があり、2時間35分ほどの時間で那覇空港に到着できます。また、中部国際空港や小松空港、伊丹空港への便もあります。

image1s

LCCの1つであるJetStarを利用して沖縄に行く場合には、東京・成田空港から那覇空港までは大体3時間20分ほどかかります。

帰りの那覇空港から成田空港までは大体2時間25分ほどとなるでしょう。大阪と沖縄を結ぶ便は、関西国際空港からの便があります。
那覇空港まで約2時間15分ほどかかります。
那覇からだと関西国際空港まで約1時間45分となっています。

ピーチ・バニラエアの就航情報

沖縄航空券LCCにはPeachもありますが、Peachは東京からは就航していないのです。
Peach が就航している路線は関西国際空港からとなります。よって、Peachを使って沖縄に行くなら、関西国際空港を利用することが適しているのです。

例えば、関西国際空港を午前7時に出発し、那覇空港には午前9時10分というのがあります。

この便で沖縄に行くと、その日もたっぷりと有意義な時間をすごすことができるのはないでしょうか。15780円ほど必要になります。スカイマークについては、関西国際空港と那覇の間に就航していましたが、2013年より運行が中止されています。沖縄は海外とも空の便で結ばれています。

那覇空港への就航路線一覧を見てみると、海外へのアクセスも可能です。中国の北京首都空港は遼寧省の瀋陽と那覇の間に2016年5月に就航しました。
678100
そして、日本のバニラエアも那覇と台北間が就航したのです。2008年の場合は台北など、上海といった3路線19便にとどまっていたのですが、12年から15年の間には4年間で104便も増加をしています。

LCCが新たに増えてきていますが、それでも海外の大手航空会社も新規に就航している点が特徴となっています。
那覇と台北間は5社が就航していますが、それにバニラエアも加わって1日1往復をしていますが、これはバニラエアにとっては初の国際路線となります。

沖縄にLCCで行く際の注意点を知っておこう!

LCCはインターネットで予約することが鉄則

沖縄までの航空券を購入するために、就航路線一覧をご覧になることがあるでしょう。
そして利用する航空会社を選ぶ際にLCCに決めると、格安で沖縄に行くことができます。

JALなどといった大手航空会社とは異なる面があり、知っておくべきことがありますので、覚えておきましょう。まず、LCCの場合はネットで申込むことが鉄則です。これは、ネット以外(電話や空港のcounter等)からの申込みであれば予約・購入時に高い手数料がかかってしまうからです。

また、早い段階で航空券を予約したからといって、その路線の最安値価格で手に入れることができるかはわからないと言えるでしょう。

座席数などによって値段は変わっていくものなので、出発まで期日が迫ると値段が下がることもあります。色々なLCCの会社ではセールを行う時もという時期に航空券を購入できれば安く入手することも可能になります。

LCCは、チェックインを締め切る時間が早めであるという特徴もあります。LCCの多くは単通路の機体を使っています。
そういった点から利用者の搭乗にも時間を要してしまうことがありますが、多くの利用者が手荷物を機内に持込むので、その収納のこともあり混みあってしまうこともあるのです。
それに、搭乗ゲートから機体までの距離が遠めであることから、チェックインを早めにしていると言えるでしょう。

さらに、LCCでは1つの機体を用いて1つの路線を往復する形態なので、最初の便に遅れが出ると、その後の便に影響がでてしまうことがあります。

フライト時間には十分注意を

フライトの時間が遅くなると、それだけ遅延時間が貯まってしまいやすくなるので、早い時間の便が遅れたら後の便では数時間も遅れが出てしまうことがあるということです。
多くのLCCは予備の機体がないので、機体にトラブルなどが発生してしまった場合には、その日はずっと欠航になってしまう可能性があることも覚えておく必要があります。

大手の航空会社であれば、欠航になったとしても他社の振替便を用意してくれていますが、LCCの場合はその会社のびんへのふりかえのみとなっています。

もし欠航となったばあいには、その日のうちに振替ができなければ、翌日へと変更になります。
とは言え、そのケースではキャンセルや払い戻しは可能です(自身の都合でのキャンセルは認められません)。就航路線一覧を検討し、LCCで安く沖縄に行く際も、以上の点に気を付けることで快適に旅行ができるのではないでしょうか。

沖縄に就航している路線には韓国を結ぶものもある

旅行を考える上で、沖縄から海外に行こうかと計画されることもあるかもしれません。そういった場合にお隣の韓国に行くと言うケースもあります。沖縄と韓国も直行便で結ばれていますので、ご参考になさってみてください。例えば、那覇空港と仁川空港(首都ソウルの近郊にあります)との間をまいにちでAsiana航空が運航をしています。LCCにあたる済州航空やジンエア、テイーウェイ航空、イースター航空もそれぞれ那覇空港との間に就航しているのです。那覇空港から仁川空港までは、2時間15分から45分程度、仁川空港から那覇空港までは2時間15分から30分程度で到着できるでしょう。

那覇空港と釜山の金海国際空港までの路線もあります。こちらは全日空とのコードシェアとなっているアシアナ航空が、週3便という体制で直行便を運航しています。この場合は、往路ですと2時間程度、復路は1時間55分ほどというフライト所用時間となります。

フライトスケジュールには大体3月の最終日曜日から10月の最終土曜日までの夏期スケジュール、10月の最終日曜日から3月の最終土曜日までの冬期スケジュールとがあります。その都度スケジュールは変更になる場合がります。よって、それぞれの航空会社に確認をすることが大事です。

夏期スケジュールなら、例えばアシアナ航空が午後1時に那覇空港出発で仁川空港到着が午後3時20分という便があります。ジンエアーであれば午後1時50分那覇空港出発で午後4時5分仁川空港到着の便もあります。夕方や夜に現地に到着するなら、済州航空の那覇空港午後4時35分出発で仁川空港到着が午後6時55分となる便を利用する手段があります。これらの便は毎日運航しています。帰りは、最終日の朝に出発するならばアシアナ航空の午前9時40分仁川空港到着で、那覇空港に11時50分到着となる便を利用する方法もあります。もし少しゆっくりと帰るなら、済州航空の午後1時30分出発で那覇空港に午後3時45分到着の便もありますので、ご利用になるのはいかがでしょうか。

釜山までならば、水金日の日程でアシアナ航空が那覇空港午前11時25分出発で釜山に午後1時25分到着の便などがあります。近い国ということもあり、フライト時間もさほどかかりませんので、比較的気軽に訪れることができるのではないでしょうか。沖縄からの就航路線一覧を見て旅行を考えるなら、韓国へのフライトもあるということも覚えておくと便利です。

那覇空港のLCCターミナルなどについて知っておくことも大事!

沖縄は、年間で観光客が600万人近く訪れます。その沖縄にある那覇空港ではLCCの路線が拡大するであろうと予測し、2012年にはLCCのためのTerminalがあきましたのです。那覇空港の就航路線一覧を見ると、LCCではPeachやJetStar、バニラエアなどが就航しています。Peachに関しては、アジア方面に向けての中継地点として拠点空港になるように目指しているのです。関西国際空港が拠点となっていて、日本で初めての本格的なLCCと言えます。計画をも上回る業績を挙げている点は見逃せません。

バニラエアもありますが、こちらはエアアジア・ジャパンから2012年に経営母体が変わったことが特徴です。全日本空輸が100%出資している点もポイントであり、成田空港が拠点で、沖縄にも就航しています。

那覇空港にオープンしたLCCは日本で最初でのLCC専用となっているTerminalです。貨物用のターミナルが改装されたものなので、平屋づくりで簡素ではありますが、Peachとバニラエアが利用しています。那覇空港貨物ターミナル内にある点も特徴です。ショップスペースもあるので、お買い物をすることもできるでしょう。

LCCターミナルを一般の利用客が使用できる時間は、初便checkinが開始となる30分前から最終便が出発した30分後までとなっています。貨物ターミナルが改装されたということで、外観は倉庫のようではありますが、天井が高めです。国内線のターミナルとLCCターミナルとは専用の無料循環バスで結ばれています。徒歩で移動することは禁じられているのです。国内線ターミナルからは、1階の4番乗り場から循環バスに乗ることができます。この乗り場は、アウトレットモールなどへのバス停と一緒になっています。LCCの場所から国内線までのバスに乗る際は、到着便があったときは混雑が予想されることは覚えておきましょう。

LCCターミナルの前が機体を停めるスポットとなっているので、乗客の方はタラップを利用して航空機に搭乗することになります。Terminalと航空機の間は徒歩移動です。海が見えるスポットなので、晴天時には海を少し眺めることも一案です。このように、沖縄に行く場合の航空券を購入するために就航路線一覧を探るなら、那覇空港のLCCターミナルなどについても知っておくことも大事です。

沖縄に行くなら石垣空港を利用することも手段の1つ

沖縄に航空券を用意して行くために、沖縄への就航路線一覧を参考にされることがあるでしょう。沖縄と言うと那覇空港を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、沖縄には離島もあり空港が存在する島もあるのです。その中には石垣空港があります。海の近くに立地する空港であり、空港からバスに乗ると45分ほどで市街地に辿り着くことができるのです。540円の料金となっていて、15分間隔での運行となっています。タクシーの場合は2700円程度の料金で、30分ほどで市街地に行くことができるでしょう。

石垣島でレンタカーを借りて楽しみたいと言う場合もありますね。そういった場合は、空港から送迎バスに乗りレンタカー会社まで行くと言う方法があります。石垣島にはアイランドレンタカー石垣島やUPレンタカーなど多くのレンタカー会社がありますので、石垣島を自由に楽しむなら、レンタカーを利用するのも一案なのです。

石垣空港に就航している路線は、日本transocean航空だと那覇と結ぶ路線もありますが、羽田空港や関西国際空港などと結んでいる便があります。琉球エアコミューターなら、石垣空港と那覇や宮古、与那国などを結んでいます。ANAでは羽田空港、関西国際空港、中部国際空港などや、夏期には福岡便などがあります。那覇や宮古への便もあるので、那覇で楽しんだ後に石垣島に向かう際などにも利用ができるでしょう。ソラシドエアも那覇からや、那覇に向かう移動に適しています。

石垣空港で、搭乗までの待ち時間もあるでしょう。そういったときに便利なのがショップや飲食店です。『ショップつばさ』では空港のマスコットである『ぱいーぐる』のグッズやシーサーの置物など地元色を感じられるお土産を購入することができるでしょう。ショップつばさにはお菓子の部門もあります。

限定品であるプレミアム塩ケーキやマースクッキーなど沢山のお菓子の中から選ぶことができるでしょう。石垣島を発つ前に立ち寄ってお土産を選ぶのもうってつけです。また、八重山そばをいただくことのできる『やいま村』や美味しいジェラートが楽しめるお店、石垣牛が堪能できるお店など、食に関しても色々と取り揃えられているのが特徴です。沖縄へ旅行される場合には、那覇などの本島ばかりではなく、石垣島などにも足を運んでみると色々な楽しみがあるのではないでしょうか。那覇と共に石垣島も旅程に入れることも手段だと言えます。

沖縄での移動手段を考えましょう

沖縄でレンタカーを上手に利用したいという場合、価格比較をしてから利用する会社を選ぶと良いでしょう。
レンタカーは必要な時に必要なだけ借りられるというメリットがあります。借り物なので税金や保険、整備などの手間やお金などはかかりませんし、好きな車種に乗れることも大きな魅力となっています。

通勤や買い物などで毎日車を使う場合はマイカーを持った方が良いかもしれません。しかし、それほど車を利用しない場合はレンタルした方が安くなるでしょう。また、レンタルならその時の目的や人数に合わせて車を選ぶことができますし、乗り捨てできる会社なら片道のみ使用することもできます。

旅行先でも現地のドライブを気軽に楽しむことができますし、保障のしっかりしているところで借りればトラブルの心配もありません。
車のレンタルにはさまざまなメリットがありますが、もちろんデメリットもあるのでしっかり確認しておきましょう。

しかし、時期によってはかなり前から予約をしないと利用できないこともありますし、人気の高い車種はなかなか借りられないこともあります。
また、ショップまで車以外の移動手段が必要となりますし、24時間営業していないショップの場合はそのショップの営業時間に合わせて利用する必要があるでしょう。

また、予定が変わってしまった場合、予約のキャンセルが必要となってしまうこともあります。ちなみに、短時間しか利用しない場合はタクシーよりもコストが高くなってしまうことがありますし、長く借りるとマイカーよりもお金がかかってしまうことがあるのです。
便利に利用できる移動手段なのですが、中途半端な部分もあると知っておきましょう。

また、慣れない車を運転することになりますし、マイカーと比べて事故が起こりやすくなっています。なるべくお得に利用したい場合、価格比較やデメリットについてもきちんと理解しておきましょう。レンタカーはさまざまな業者が扱っていますが、借り方や返し方などの仕組みはほとんど同じです。

まずは事前に予約をして希望の車を借りることがポイントです。当日急に借りられることもありますが、その場合は人気の車種を借りられないことも多いですし、車種が限定されてしまいます。どんな車でも運転できる場合やこだわりがない場合は予約をしなくても良いかもしれません。

しかし、確実に利用したい場合はやはり予約をした方が安心です。直接店舗で予約することもできますが、電話で予約できることもあります。また、最近ではインターネットから予約できるショップも増えているため、かなり手軽に利用できるようになってきています。